Top > 生活 > 埋没毛になった部分は、毛嚢炎を併発することもある

埋没毛になった部分は、毛嚢炎を併発することもある

埋没毛(まいぼつもう)とは、毛が、出るはずの毛穴から出られずに、
皮膚の中に埋まってしまっている状態の毛を、指します。
この埋没毛の原因は、毛を抜いた時、剃った時のキズによるもの。
皮膚にキズが付いた時、そのキズを修復するために毛穴が塞がり、
出るはずの毛穴から毛が出られなくなってしまうのです。


また、埋没毛になった部分は、毛嚢炎を併発することもあるので、
そこから、炎症が起こり、更に症状が悪化することもあります。


埋没毛になった部分の毛を、元の毛穴から出してあげれば、
解決するものですが、一度、埋もれてしまった毛は、何度取り出しても、
また同じように埋もれてしまうことが多いため、再発も多く、
1本でも、埋没毛にならないような、日頃からのケアが重要になります。


カミソリで剃るよりも、毛抜きで抜く方が、埋没毛になりやすいので、
埋没毛にならないように、抜く自己処理は避けること、また、
なるべくであれば、カミソリで剃るのも辞めたほうが良いかも知れません。

顔の産毛処理方法について

生活

関連エントリー
だんだん暑くなってくる...埋没毛になった部分は、毛嚢炎を併発することもある
カテゴリー
更新履歴
おしゃれをする天に頑張ってダイエット(2018年11月15日)
忙しくてもできるわきが遺伝血液型解消のコツとは(2018年10月26日)
ご馳走の代表格は蟹です!(2018年10月26日)
脱毛後のアフターケアが重要!(2018年10月25日)
今だから言えるわきが対策ランキングを始めた本当の理由(2018年10月 9日)